疾風慶走

坪井慶介(38才)

一番好きなサッカー選手は?

と聞かれたら真っ先に頭に浮かぶ選手。

 

浦和レッズから湘南ベルマーレへの完全移籍が発表された2014年12月12日。

近年稀に見るビッグネームが湘南に!と個人的にざわついたのを昨日のように覚えている。

 

サッカーは詳しくないからプレースタイル云々を説明する気はないけど、日本代表まで選出された選手が馬入で大声を出して全力でプレーする姿は、試合に出ることができない選手にとって精神的なものを含めて凄くプラスだと思う。

 

38歳からの成長と深化

2017明治安田生命J2リーグ 第31節 横浜FC戦。

カバーリングコーチングは健在だが、「より攻撃的にやりたいと思っている」瞬間が28分過ぎに訪れる。 

 左サイドをスイッチが入ったかの様にオーバーラップする白いスパイクを履いた選手。

 そう、彼こそが生粋のセンターバック坪井慶介選手。

 

カウンターでボールを運ぶ姿に沸いた事はあるが、疾風と化して左サイドをオーバーラップからの左足クロスは記憶に無い。

 

とにかく何回再生しても飽きない。

辛い時これを見る度に、今日も頑張ろうと思えるツボさんに感謝。

 

奇跡のJ2残留

辛いで思い出したけど、J2残留争い。

まずは現時点(2017/09/08)での順位表を見てみる。

f:id:top2system:20170908225558j:plain

 

J1の新潟よりは可能性があるけど、15試合勝利から遠ざかっているザスパ草津群馬はかなり厳しく状況。

でも、ここに来てザスパ草津群馬を含めてどのクラブもJ3に降格しない可能性が出てきた。

 

f:id:top2system:20170908225704j:plain

 

上記を確認すると「J2ライセンス」という言葉が踊る踊る踊る。

J3にはスタジアム問題等でJ2ライセンスが付与されていないクラブが多い。

 

さぁ、現時点のJ3順位表をご覧下さい。

f:id:top2system:20170908230129j:plain

 

1~8位までにJ2ライセンスが付与されているクラブは「4」。

栃木SCカターレ富山ギラヴァンツ北九州AC長野パルセイロ

 

J2ライセンス申請中で9月末の結果待ちクラブが「2」。

鹿児島ユナイテッドFCFC琉球

 

J2ライセンスを付与されていないクラブも「2」。

ブラウブリッツ秋田アスルクラロ沼津

 

2017シーズンのJ3も残すところ13試合。

J3昇格初年度「アスルクラロ沼津」の快進撃がどこまで続くのか。

鹿児島と琉球J2ライセンスが付与されるのか。

 

J3への降格が決まったJ2クラブのファン・サポーターが、秋田や沼津のゴール裏で応援する姿が今シーズンは見る事ができるかもしれない。

 

ザスパ草津群馬がここから底力を見せるのか、他力本願で奇跡の残留を果たすのか。

J2とJ3の残留&昇格争いも注目したい。

 

さいごに

1枚/250円を草津のスポーツ振興に寄付する「932」Tシャツを着て、草津を応援してみませんか?

※Tシャツをクリックすると商品ページに遷移します※

f:id:top2system:20170908232857j:plain

広告を非表示にする